男の子に人気のランドセルは高級感と使いやすさ

丈夫さを売りにしたタイプだと傷みにくい

あるアニメに小学生が出てきます。活発な小学生で、勉強よりも遊びに夢中です。そのために放課後などはすぐに遊びに行こうとします。どんなシーンが描かれているかといえば、ランドセルを放り投げてそのまま遊ぶシーンです。カバンにとってはかわいそうですが、元気な男の子であればよくあるシーンと言えるかもしれません。人気のタイプとしてあるのは、丈夫さを売りにしているタイプになるでしょう。女の子は投げ出したりせず、扱いも非常に丁寧です。ですから6年間傷まずに使ってくれます。それに対して、6年間使えないぐらい雑に使ってしまう子もいます。丈夫なタイプであれば、少々のことでは切れたり破れたりしません。製品によっては6年保証がついていて、故障などがあったときには修理をしてもらえるものもあります。

伝統的な方法で作られているタイプ

毎年多くの子が1年生として入学します。残念ながらすべての子にランドセルが買い与えられるわけではないようですが、できれば親としては買い与えたいと考えるようです。メーカーの方も買うのが難しい家庭のためにリーズナブルなタイプを用意することもあります。製法などはできるだけ効率化されていますが、一応形は整えることができるでしょう。一方で、伝統的な製法で一から手作りで作っているところもあります。男の子に人気のタイプとして、伝統的なタイプです。注文を受けて作ってくれるところもあり、子供のサイズや将来の成長のことも考慮した作り方をしてくれています。値段は高くなりますが、市販のものよりもフィット感に優れ、本革などが使われているので高級感もあります。物を大切にすることを覚えさせるのに良いかもしれません。

収納や担ぎやすさなど使いやすさを重視

小学校では、教科書やノート、その他プリントや副教材などを使います。教科書やノートのタイプは様々で、かつてはB5版が多かったとされています。ただ、最近は副教材などではA4版があります。となると、ランドセルにおいてB5版タイプに入れようとすると折り曲げる必要がありました。教材が変形してしてしまって、使いづらい状態になっていまいた。男の子に人気のあるタイプとしては、収納が大きなタイプのものがあります。A4の教材やノート等がすっぽり入るようになっています。でもB5版の時と全体の大きさは変わらないようにしてくれています。収納が広がっても、物自体はコンパクトな状態になっています。その他担ぎやすさを考慮したものがあります。小さくても成長しても簡単に担げるので、痛みなどが出にくいです。

記事一覧