男の子のランドセルの人気を紐解いてみる

黒系のカラーが評価される中でマイカラーは話題

小学校6年間使い続けるアイテム選びには、価格の分だけ妥協したくないのが親の本音で、お子さんは見た目重視で選ぶ傾向です。男の子に人気のあるランドセルのカラーとしては、断トツ黒系がランキングでもトップをキープしており、かぶせ部分に艶出し加工が施され、重厚感や最高級などのイメージからも評価されています。ですが、ここ数年で、ランキングも様変わりしており、シルバー系などのメタリックカラーも注目度を高めています。価格に糸目を付けないのであれば、オーダーメイドとなるマイカラーなども注目度が高く、ブラックにグリーンステッチなど、黒系が独壇場と言える中、ステッチやワンポイントとなるさり気ないアクセントを利かせたデザインが近年、人気取りしています。マイカラーでは、背当てや肩ベルトの裏地、内装にお子さんが好きなカラーリングを施すなど、チラ見せスタイルも支持されています。

ファッション性にも富んでいるカラー

ライトブルーなどのカラーのランドセルは、ダークカラーと比べ、汚れやキズが目立つ懸念もありますが、最近では、購入時に6年間の保証・修理サービスを受けることができるため、心配も不要です。男の子においても、ライトブルーやイエローなど、パステルカラーのランドセルが今風でオシャレな点からも、都会育ちのお子さんや親から評価されています。また、集団でも目立ちやすいのも魅力であるようで、基本、性能や機能面でのデメリットがなく、見た目上の問題のみで選ばれており、ブラックメタルカラーを基調としているデザインよりも、犯罪に巻き込まれにくいメリットも挙げられています。

やっぱり機能性も重要視されている

メディアで紹介されることからも、売り切れが懸念されます。ブランドやメーカーから選ぶケースが圧倒的に多いものの、人気の製品は早い者勝ちで、予約しておくことは大事です。モデルやカラーによっては、即日完売なども事実上あり、シーズン前から製品のアピール合戦も熱を帯び、露出も多くなるため、ランキング上位の製品は、入荷待ちや再入荷の時期も曖昧になりがちで、早め早めに手を打つことは大切です。また、男の子のランドセルでは体格も視野に入れる必要があります。6年間、壊れにくい保証は備わっていても、身体に負担が強いられては意味が無くなります。3D肩ベルトやひねピタなど、姿勢も含めて、軽量感が持続する製品が保護者からは人気です。教科書の容量そのままの重量が肩に掛かっていた一昔前と比べ、圧力を分散させる機能性で選ばれています。

記事一覧