男の子から人気のスポーティーなランドセル

使い勝手などで異なる親子の目線

小学校入学前には、ランドセルを選ぶ必要があり、大人の視点ではアフターフォローがポイントになっています。6年間使っていれば、男の子の場合、乱暴に扱われるケースも多く、肩ベルトが切れたり、金具が外れるなど、修理が必要になるケースも少なくはありません。大人の視点では、安心・安全、しっかり丈夫な製品がとかく人気取りしています。逆に、お子さんの視点からは、女の子の場合にはデザイン性が重要視されていますが、軽い・フィット感などの使い勝手、背負いやすさが優先している傾向です。

アクティブに動けるスポーツテイスト

とかく、使い勝手で男の子から人気取りしているのが、いわゆるスポーツエディションタイプです。人気スポーツメーカーとのコラボモデルも登場しており、例えば、サッカーのスパイクやスニーカーと同じ流線形のフォームストライプをステッチでデザインしているモデル、ロゴが型押しされていたり、サイドに稲妻をイメージさせるデザインの製品は、シャープでスピード感などから話題を集めています。サイドや肩ベルト、内装にもスポーツブランドであることが一目で分かるように作られています。もちろん、基本性能も搭載され、衝撃吸収や荷重分散など、肩や背中に負担が掛かりにくいテンパーフォーム仕様であったり、アウトラスト仕様で、アクティブに動くことが視野に入れられた快適性も評価されています。6年間使うため、撥水性のある人工皮革採用など、雨や雪の日でも、乾いたタオルで拭くだけで水滴の跡を残さず、艶もキープできます。スポーティーな切替デザインやカラーも評価され、スポーツブランドの強みである丈夫さからも使用されています。

扱い方まで視野に入れた製品選び

また、製品選びでは価格・機能・デザイン・カラーなどでも迷いがちですが、そんな時にはランドセルコンシェルジュと呼ばれる専門家と一緒に製品選びを行うのも利得です。男の子の成長までも見越して、ベストバランスのランドセルをチョイスしてくれます。最近、支持されているのが、型くずれをなくすためにサイドを補強した構造のモデルで、上から押しても元に戻るスタイルキープの耐久性などでも選ばれています。教科書などを持ち歩くための目的ではあるものの、イスや机代わりなどの使い方など、ハチャメチャな扱い方は男の子ならではです。アクティブな動きからも、背あては吸放湿性を高めていたり、肩ベルトなどにはスポーツブランドのロゴによる反射材が使用されるなど、最近ではカラー展開もデザインも豊富になっていますが、扱い方から選ぶケースも増加傾向です。

記事一覧