結婚指輪の正しい保管方法はこちら

結婚 指輪

夫婦の証として身に着ける結婚指輪は肌身離さず身に着けている方も多いです。一方、普段は身に着けずしまっておくという方も少なくはありません。結婚指輪を保管するなら、専用ケースに入れておきたいものです。材質や石によっては変色、変質してしまうこともあるので気を付けたいです。またほかのアクセサリーと一緒にしまっておくことで、傷がついてしまうこともあるので、別に保管しておくのが望ましいです。指輪を外したら皮脂や脂がついているので、柔らかい布でキレイにふき取り、ケースにしまっておきましょう。とはいっても長期にわたりしまい込んでしまうと湿気で劣化してしまうこともあります。時には光や風にあて、石や材質の確認をしましょう。またケース内に湿気防止のための乾燥材を入れておくのもよいです。

結婚指輪のお手入れ方法は石や素材に合わせて

結婚指輪をいつまでもきれいにしておくには、日頃のお手入れが大事です。基本はからぶきで十分で、メガネ拭きのような柔らかい布などで優しく皮脂や汗を拭きとるだけで汚れは取れます。油分が残ったまま保管してしまうと、くすみの原因になり、こびりついて取れなくなってしまうこともあるので気を付けましょう。毎日身に着けている結婚指輪は水洗いまたは中性洗剤を数的垂らしたぬるま湯に漬けるなどして時々洗ってみましょう。ただしパールやサンゴ、エメラルドなどのデリケートな石が使用されているものは水洗いできないので気を付けましょう。シルバーは専用の磨きクロスやクリーナーを使うとお手入れしやすいです。結婚指輪を購入したショップならクリーニングも応じてくれます。時にはお店に持ち込んでみてはいかがでしょうか。

結婚指輪の傷は避けられない?素材による違いなど

結婚指輪に多いプラチナ素材。毎日身に着けるのであれば傷も気になるところです。プラチナは純度100%のものは柔らかく傷がつきやすいため、Pt950といった合金が主に使われています。数値の高さは傷つきやすさにつながるので覚えておきましょう。ゴールドも同様、合金が使われており、プラチナと反対に金の含有率が低いと酸化による変色の原因にもなります。どちらも強度は欠ける部分があり、傷を避けることは難しいですが、変色に強い点で結婚指輪に人気の素材となっています。日常生活で硬いものに触る場合や重い荷物を持つ場合などは傷のきっかけになるので、一時的に外すようにするとよいです。もしも大きな傷をつけてしまった場合には、変形のきっかけにもなりうるので、早めに購入したお店に相談しメンテナンスしましょう。