サイズが合わなくなった結婚指輪の対処法

結婚 指輪

体型の変化などで、結婚指輪のサイズが合わなくなってしまうことがあります。その場合は指輪のサイズ直しを依頼することになるでしょう。この記事では結婚指輪のサイズ直しについて、費用の相場やどこに依頼したらよいのかを紹介していきます。まず基本的には、指輪のサイズ直しは指輪を購入した店やその指輪のブランドに依頼することでサイズ直しをしてもらうことができます。しかし指輪のデザインやサイズ変更の状況によっては断られてしまうこともあるでしょう。その場合は、サイズ直しの専門業者に依頼すると引き受けてもらうことができる場合があります。業者をインターネットで探す方法は、ジュエリーリフォームか指輪、サイズ直し、業者と地名でクロス検索すると候補地がいくつか出てきます。自分で直すという方もおられますが、失敗する可能性もあるのであまりおすすめはしません。

結婚指輪のサイズ直しにかかる費用について

結婚指輪のサイズ直しの費用は、指輪のデザインや素材、サイズを大きくするか小さくするかで異なってきます。一般的にサイズは小さくする場合で2000円から4000円程度かかります。大きくする場合は、素材の相場次第で変わってくるので、その時に見積もりを出してもらうことになるでしょう。ジュエリーリフォームの業者によっても値段は変わってきますので、依頼する前に費用についても聞いておくと良いでしょう。デザインに関しても複雑なものほど高くなる傾向にあります。あまりに複雑だと、断られてしまうこともあるので、購入するときによく考えることが大切です。また、指輪を購入するときにサイズ直しができるかどうかや、保証サービスが付けられるかどうかについても聞いておくと、後で困らずに済みます。

結婚指輪のサイズ直しを断られてしまった場合

サイズの変更具合やデザインなどの様々な理由によりサイズ直しが不可能だと言われてしまった場合もあるでしょう。その場合は、自分で直すか指輪にすることを諦めてネックレスなどにリメイクする方法もあります。ネックレスならば、チェーンを通せばいいだけなので自分で行なうことも可能です。指輪を傷つけたくないという方は指輪用の専用のチェーンもありますので、高価になりますがダメージを軽減することができます。また、ずっと結婚指輪を身につけていたいけれど、仕事などの理由でできない方でもネックレスならば身につけやすいのでおすすめです。身につけることにこだわらないのであれば、どこかに見えるところに飾っておくという方法もとることができます。サイズ直しを断られてしまっても、このようにリメイクすることでまた身につけることができるようになります。