結婚指輪の正しいお手入れ方法を知っていますか

結婚 指輪

ご結婚が決まると、大概はおふたりで相談しつつその愛の証とでも言う指輪を持つ方がほとんどでしょう。値段の方も普段のアクセサリーとは一味違い、高価な物を買い求められる人も多いはずです。婚約の時、挙式の最中での交換の時、普段からずっと身につけておく等と、使うシチュエーションは様々ですが、おふたりのご結婚においての大切な特別な指輪であるからこそ、これから先の人生においてもいつまでも末永く綺麗に使っていたい品物なのです。ただしそのためには、普段からもお手入れを含めた管理が大切となってきます。せっかくの指輪が劣化してしまったり、変色や汚れてしまったりすると、おふたりの楽しかった思い出までもが色あせてしまうことにもなりまねませんので、正しいお手入れ方法を紹介したいと思います。

結婚の指輪は綺麗に自分でお手入れしましょう

結婚時にもらった指輪は、最初はピカピカでも皮脂や垢や水等長期間さらされると汚れ具合も目立ってくるのが心配です。気になる部分にこまめな手入れをせずに放置しておくと、傷がやがて黒ずんでしまって変色したり、変形等してしまうこともあります。生涯大切にしたいアクセサリーですので、一番お手入れには気をつけておきたい物です。お手軽なお手入れ方法としては、メガネ拭き、メガネクリーナーのスプレーで拭くというのが楽です。指輪を外して拭くことで、油分や細かい汚れを取り除けるので簡単な方法ですし、どちらも店などで買い求めやすいです。他にも、食器洗い用中性洗剤を指輪につけて軽くこすりますと、簡単に汚れが落ちるので、これもお勧めです。繊細な模様や傷のある部分などは、柔らかめの歯ブラシでこすると良いです。

結婚の指輪は重曹を使ってもお手入れができる

ご家庭での結婚の指輪のお手入れ方法としては、重曹を使うというものもあります。重曹もドラッグストアやスーパーなどで簡単に手に入りますし、指輪以外にも家中のお掃除用品として、すでにお使いになられている方も多いことでしょう。水で濡らした歯ブラシに少しだけ重曹を付けて、そのまま磨く方法ですが、優しく表面を磨いていくのがコツですので、強くこするのは返って傷つけるおそれもありますので、最初は部位の様子を見ながらしてみて下さい。また細部にまだ汚れが残る時には、爪楊枝や綿棒を使って汚れを掻きだすのも効果的です。ひと通りの作業が終わると、最後にぬるま湯で丁寧に洗い流します。このように御自宅での簡単なお手入れをするだけでも、その後の指輪のもちが随分と違ってきますので、ぜひ試してみて下さい。

1981年よりジュエリーのオーダーメイド・リフォーム・修理の専門店として日本で唯一全国に展開。 ジュエリーのセレクトショップ、式場など 大好きなペットとの絆をカタチにするペットジュエリー 約150名の職人が在籍し、全国30店舗に工房を併設。リフレッシュ仕上げや修理の相談にもすぐに対応可能 1981年よりジュエリーのオーダーメイド・リフォーム・修理の専門店として日本で唯一全国に展開 真心込めた結婚指輪|K.UNOBRAIDAL