昔からの定番である黒を基調にしたもの

男の子のランドセルのカラーといえば、定番として黒があるでしょう。これは昔からで、当時は赤と黒しかないと言ってもいいぐらいでした。女の子が赤を選ぶので、当然黒を選ぶことになります。小学校1年生の後ろ姿を見ると、みんな同じ色なので区別が難しかったかもしれません。今は複数から選べるようになっているので、もちろん黒である必要はありません。ただ、一番人気があると言ってもいいのが黒になります。基本的には、黒一色タイプになりますが、ワンポイントでったり、ラインに黒以外が使われているものもあります。真っ黒だと周りの子のものと同じになってしまいますが、少しでも個性を出したい子は少し違うものを選ぼうとします。青いラインであったり、紺のラインが入っていたり少し異なるデザインになります。

紺や濃い目の青や緑を使ったタイプ

男の子が利用するランドセルの色は、黒が最も多いと言えるでしょう。以前はまさに黒だけでしたが、最近は少しずつ変化が出てきています。子供も選びますが、親であったり祖父母なども選ぶのに加わります。もう少し違うものを選んだ方がいいと考えるのかもしれません。そこで人気が出てきているタイプとして紺があります。ぱっと見は黒と余り区別がつきません。ただ、黒と並べると結構違いが分かります。周りの子が全員黒の時、紺の子がいると目立つぐらいわかります。はっきりと異なると困るが、少し違うぐらいのものが欲しい子が選ぶようです。紺と同じくらい選ばれるのが濃い目の青になります。紺に比べると明らかに黒と異なりますが、濃い目なので違和感なく使えます。薄いタイプになると女の子用になるので、濃い目を選ぶことが多いようです。

こげ茶等茶系統の濃い目のカラー使い

革製品と言いますと、いろいろなタイプがあります。その中でも良くあるのが茶系統かもしれません。靴やカバン、財布などでも茶系統のものを持つ人は多いです。男の子がもつランドセルで人気の色として注目されているのが茶系統のものになります。濃いものになると、黒と区別がつかないぐらいですが、並べると違いが分かります。茶系統は、比較的明るいものも選ばれることが多いようです。明らかにパステルカラー調だと女の子向けが強くなりますが、大人の男性などが一般的に持つカバンと同じようなタイプが選ばれやすいようです。茶系統は見た目が高級に見えるので、大人などが好むのかもしれません。お店によってはグラデーション調に複数のものを展示していることもあるので、濃い目のものから薄めのものまで選べるようになっています。

営業時間は10:00~17:30、土日祝日が休業日となっております。 定番モデルから最新モデルのランドセルが揃うので、お気に入りが見つかります。 全て手縫いの職人技で作られた最高品質のランドセルが5万円台から購入できます。 熟練した職人が一つ一つ手縫いの手作りで丁寧に仕上げています。 社団法人日本かばん協会の品質保証によって、購入日から小学校卒業まで修理を保証致しております。 男の子に人気の上質のランドセルはKIDSAMI

記事一覧